エンジンルーム内について

クルマを所持している人は、ひとだけでなく、クルマも冬を迎えるための準備が必要になってきます。

冬は夏や秋や春と違って気温が一気に下がる季節でもあります。

それが原因で、トラブルに見舞われることもすくなくはありません。

寒くなったからといって突然調子が悪くなることはありませんが、エンジンルーム内の各パーツをチェックしておきましょう。

バッテリー、エンジンオイル、冷却液といったものが主にチェックするべきところです。

バッテリーは寒さによって性能が低下します。

液の量と共に電圧が十分にあるかも確認しておきましょう。

また、エンジンオイルは液の量やヨゴレ具合のチェックも必要ですが、季節にあった粘度があるかも確認しましょう。

冷却液は粘度が薄い場合には凍結して故障をひき起こす原因になる可能性が高いのです。

それぞれ、季節にあった基準を見たいしているかを点検者の目で確認をする必要があります。

初心者のひとでも、ある程度勉強をすることによって、自分で点検をすることができます。

専門家にまかせっきりにするのではなく、自分で点検を行うことによって愛着も湧きます。

その分、長く乗車をできるように他の点検にも気を配ることができるのです。

コメントは受け付けていません。