車も冬支度するための点検ポイント

人間だけでなく車も冬支度が必要です。

なんとなくしなければいけないことはわかっているけれど、ついつい後回しになってしまう人は多いでしょう。

特に平日は利用しないサンデードライバーの方はこういった傾向が多いようです。

きちんと点検をしないと、いざというときに使用できないかもしれません。

そこで冬支度のための点検ポイントをいくつかご紹介します。

まずはバッテリーです。普段から充電されていなかったり、ナビなどの電装品が多かったり、バッテリーを交換して3年たっている場合などは特に点検が必要です。

また、フロントウインドも重要です。スキー場などでワイパーが機能しなくなることがあります。

これには撥水ガラスコーティングとウィンターブレードが有効です。

また、ウォッシャー液も注意しましょう。水で薄めると凍ってしまいます。

原液のままなら凍りにくく安心です。

それにタイヤもポイントです。

スタッドレスタイヤだから大丈夫というのは危険です。

スタッドレスタイヤでも溝の深さが50%摩耗したら一般の道路はいいですが、雪道などは走れません。

また、タイヤの性能も格段に上がりましたが、やはり寒い地域ではゴムが硬くなってしまいます。

安全を考えると3年毎に買い替えるのがいいでしょう。

コメントは受け付けていません。