冷却液の点検について

人とクルマは似たようなものです。

クルマも季節によって準備をする必要があり、走行をしていけば磨耗をしていくことがあるのです。

定期的なメンテナンスを行うことによって、新車でも中古車でも長い期間乗り続けることができるようになります。

また、季節の変わり目には全体的なチェックを所持者自らが行うようにすると良いでしょう。

冬を迎える前には、エンジンルームの中の主要な部品をチェックしておきましょう。

バッテリー、エンジンオイル、冷却液といったパーツが重要です。

バッテリーは寒さによって性能が低下します。十分な電圧を持っているかを確認して、不備があれば交換しましょう。

エンジンオイルは、十分な量が入っており清潔に保たれているかをチェックします。

冬に備えた濃度がない場合には、交換も必要です。

そのほかの液も季節に合わせた濃度がないときには、凍結してしまうおそれがあります。それが原因で故障をすることもあるので、十分な点検を行いましょう。

点検には、ある程度の知識が必要となります。

そのため、専門家に任せる人が多いですが、それだとクルマに愛着が湧きにくいです。

自分の手で一生懸命、調子を見ることによってクルマに対する愛着が湧くのです。

コメントは受け付けていません。