雪道でスタックした時の対処法

雪道でスタックした時の対処法についての情報です。

まずは急発進やアクセルをべた踏みすることを避け、ゆっくりと車を動かすことが大切です。

急なアクセルは、雪を深く掘ってしまい、さらに状態を悪化させてしまう恐れがあるからです。

ゆっくりとタイヤで雪を踏みしめるようにしても脱出できない場合はそれ以上アクセルを踏むのをやめましょう。

同乗者や手を貸してもらえる人手がいる場合は、運転手がアクセルを踏むタイミングに合わせて後ろから押してもらう方法もあります。

しかし、雪が後ろに飛ぶので、体が濡れてしまう事があります。

次に、タイヤ周辺の雪を踏み固めるようにしてから車を移動させてみます。

それでもだめなら、スコップなどでタイヤの周辺の雪を取り除いて、タイヤが滑らない状態を作ります。

それでも脱出できない場合は、タイヤの下に板や布、チェーンなどをかませ、ゆっくりと発進してみます。

大概はいずれかの処置で脱出できると思いますが、それでも自力では脱出できない場合は、他のクルマにけん引してもらう手段もあります。

周りに人や車がいない場合や、視界が悪く危険な場合などの最終手段はロードサービスに連絡を入れて、救助してもらう事です。

コメントは受け付けていません。